GABA高蓄積トマト「シシリアンルージュハイギャバ」について

2020年12月11日、私たちは筑波大学と共同開発をしておりましたゲノム編集技術を利用して作出したGABA高蓄積トマトについて、厚生労働省へ届出、また農林水産省へ情報提供書を提出いたしました。

→詳細はこちらをご覧ください。

 

またこのことを受け、弊社は関連会社のパイオニアエコサイエンス株式会社と共に「シシリアンルージュハイギャバ」を日本国内で販売することといたしました。「シシリアンルージュハイギャバ」は、新しい品種改良技術の一つとして知られるゲノム編集技術CRISPR/Cas9を利用して作られたトマトです。GABAはアミノ酸の1種で、近年、血圧の高めの方の血圧を下げる効果やリラックス効果が期待される機能性成分として注目されています。

→詳細は商品ページをご覧ください。

 

シシリアンルージュハイギャバは、家庭菜園用の苗としてお求めいただけます。パイオニアエコサイエンス株式会社HP内にて、インターネット申込みのみから承っています。

申し込みサイト (https://p-e-s.co.jp/tomato/high-gaba-tomatoes-monitor/)

 

2020年のノーベル化学賞は、CRISPR/Cas9の開発者が受賞しました。私たちはCorteva Agriscience社およびBroad 研究所(Broad Institute of MIT and Harvard)から非独占的研究・商業ライセンスを受け、この技術を使用しています。

最先端の技術による品種改良を行なった私たちの商品で、みなさまの健康にお役立てできれば幸いです。我々はこれからも「明日の子供達と明日の地球のために」をコンセプトに研究開発を進めていきたいと思います。また日本で初めてのゲノム編集応用商品であり、世界で初めてのゲノム編集野菜を販売する企業として、これからもゲノム編集作物に関する情報を発信してまいります。