Home About

About

サナテックシードとは
history sanatech seed

会社設立にあたり

この会社は最新の革新的バイオテクノロジーを利用して農作物を改良し、明日の子供達、明日の地球を守ることを目的として設立されました。社名にあるサナ(Sana)はラテン語で健康という意味で、我々の商品で人々をより健康にしたいとの願いが込められています。

1953年にDNAの二重らせん構造が発見されてから、人間、動物、植物など多くの生物の遺伝子構造が詳細に研究され、異なった遺伝子のそれぞれの役割が発見され続けています。最近では世界中の科学者による研究の末、2012年にクリスパー キャス ナイン(以下CRISPR)という技術が開発されました。この技術により生物の持つDNA配列を、的確に外部の他の種のDNAを導入することなく、狙い通り無駄なく遺伝子編集が可能となりました。ゲノム編集技術は次世代の農作物開発にとって大きな可能性を秘めており、食料の持続的な確保と同時に栄養、加工、貯蔵、健康(アレルギー誘発の減少など)面からの食料の品質改善に貢献するものと思われます。

筑波大学生命環境系/つくば機能植物イノベーション研究センターの江面浩教授はこの分野における権威的先駆者であり、ゲノム編集技術を用いて機能性成分であるギャバ含有量の高いトマトを開発されました。同氏はこの機能性成分であるギャバ含有量(ストレス軽減や血圧の降下にも効果があるとされる)の高いトマトを消費者に届けるためにサナテックシード社の技術担当取締役に就任されました。

science sanatech seed
fields sanatech seed
sanatech seed person

ご挨拶

江面 浩
取締役最高技術責任者

私は長年、国が推進するナショナルバイオリソースプロジェクトの一環として、マイクロトムという実験用トマト品種の突然変異体を1万6000系統以上集め、ゲノム情報から遺伝子の機能を明らかにする研究を行ってきました。またこれと同時に、トマトのGABA合成に関わる遺伝子やその機能の解析の基礎研究も続けてきました。

ゲノム編集技術が普及してきたことをきっかけに、これまで得た知見や経験を元にトマトのGABAの量をさらに上げられるのではないかと考えました。GABAは血圧上昇抑制効果があることが知られていますが、通常のトマトで効果を得るためにはかなりの量を食べなければなりません。研究の結果、ゲノム編集技術によりGABA合成酵素に突然変異を誘導したことで、1日1食おかずに添える程度の量で、十分効果が期待できる量のGABAを蓄積することに 成功しました。

筑波大学発ベンチャーとして、今後はこの高GABAトマトの普及に努めるとともに、さらなる機能性を付与した新品種開発に向け、筑波大学との共同研究に勤しんでおります。

これから様々な機能が付加された作物が出てくることでしょう。我々の商品で皆様の日々の健康をサポートしていきたいと考えております。

お近くのスーパーで見かけた際にはぜひお試しください。

品種改良の歴史とゲノム編集の 今日的意義

植物は自身のDNA配列を変化させることにより環境の変化に適応することができます。様々な環境からのストレス、例えば日射などによって体内に誘導される小分子がDNAを無作為に破壊することがありますが、そのDNAの修復中に起きるエラーが突然変異の原因です。自然発生する突然変異は植物が生き残り、進化するためにいわば必須の基本的な生命現象です。このような自然発生的な突然変異は特定の遺伝子に起こるのではなく、又、植物にとってそれらの多くは中立的であり、影響がありません。しかし時には有害にもなり恩恵にもなります。

詳しくみる
会社名 サナテックシード株式会社 Sanatech Seed Co.,Ltd.
代表者名 代表取締役会長 竹下 達夫
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-7-10 ランディック虎ノ門ビル7F
株主構成 パイオニアエコサイエンス株式会社 95%
役職員 5%
役員 取締役社長 竹下 心平
取締役最高技術責任者 江面 浩
総括・生産担当取締役 渡辺 敬三
関連会社 パイオニアエコサイエンス株式会社